最近よく聞くけれど…個人型確定拠出年金って、どうやって使うの?

そもそも個人型確定拠出年金って?

最近、銀行などに行くとよく個人型確定拠出年金という単語を目にします。「全額所得控除」「使わなきゃ損!」という煽り文句に、興味を持たれた方もいるのでは?個人型確定拠出年金とは、個人が掛け金を積み立てて、その運用次第で年金額が確定するという制度。預貯金や投信など運用先は自分で選び、その成績により年金額が確定します。この制度の利点は、なんといってもその節税効果。掛け金は全額所得控除で、引き出し時も税金はかからないか非常に少額です。

なんで今、そんなに話題なの?

この制度自体は以前からあり、個人事業主や企業年金のない会社員などが利用していました。では、何故最近になって話題を集めているかというと、2017年からその対象者が大幅に拡大するから。専業主婦や公務員、企業年金のある会社員でも、個人型確定拠出年金が利用できるようになるんです。

本当にお得なの?デメリットはない?

高い節税効果が期待できる個人型確定拠出年金。やはり魅力は掛け金の全額所得控除です。また運用益は非課税で、引き出し時もその引き出し方に応じた控除が受けられます。「でも、運用ってどうしたらいいか不安」という方もいるでしょう。特に運用方法を投信にすると、どうしても元金を切ってしまうリスクは少ないながらも存在します。リスクは避けたいなら、運用先は預貯金にしましょう。積み立てという形になりますので、リスクは全くありません。ただし先に述べたとおり、運用益は非課税ですので、投信で老後の資金を増やすのはとても魅力的です。

高い節税効果、利用しない手はない!

個人型確定拠出年金は、その名称の堅苦しさで敷居が高く感じがちです。しかし、これほど節税が期待できる制度を利用しない手はありません。「なんとなく難しそう」と敬遠せず、ぜひ活用しましょう!

個人型確定拠出年金とは、加入者本人が掛け金や運用する商品、受取期間などを決めることのできる年金で、デメリットもありますが、節税や老後資金を蓄えられるなどのメリットも多々あります。