ネットショップの説明書きに「デビットカード不可」とあったら本当に使えない?

月次決済のサービスはカードが対応していないことも

ネットで有料サービスの利用のために決済しようとしたとき、注意書きとして「デビットカードは使えません」と表示されることがあります。この場合、クレジットカード番号が付与されているデビットカードも使えないのでしょうか。

ネットの有料サービスは基本的に二種類あります。まず一つは、サービスを一回利用するごとにお金を払うというもの、もう一つは、サービスを受けるために毎月一定額以上のお金を払い続けるというものです。

前者のサービスは、「デビットカード不可」と書かれても、クレジットカード番号付きのものは使える可能性が高いです。後者は月次決済と呼ばれ、対応していないカードだと番号を入力して決済できない可能性は十分あります。

ショップ側が独自の判断で使えないようにしている事も

また、デビットカード側が対応していないというケースのほかに、サービス提供側がデビットカードの番号を受けつけないようにしているということもあります。なぜ、サービス提供側が拒否するのかというと、承認が通りさえすればカード会社からお金が支払われるクレジットカード決済と違い、デビットカードは銀行口座にお金がない限りは代金を引き落とせないからです。

そのため、なんらかの理由で、ネットショップ側が客に商品やサービスを提供してから、少し遅れて決済を行おうとした場合、口座にお金がないので決済できなかったということがあり得ます。その場合、ショップは改めて客に代金の支払いを求める必要があり、手間がかかるので、デビットカードを拒否しているというわけです。

ただ、デビットカードの発行会社がネットショップ側と独自に交渉して、一部のデビットカードは使えるようになっていることもあります。

決済代行では、煩雑になりがちな決済業務を専門会社へ任せられるため、ネットショップを運営する際に大変役立ちます。