いざというときに備える!加入しておきたいペット保険

意外と高額、ペットの治療費

大切なペットが病気になって治療を受けた時、高額な治療費に驚いたことがある人も多いのではないでしょうか。軽い病気でも数万円、内容によっては20万円や30万円かかることも珍しくありません。万が一に備え、ペット保険に入っておくと、いざという時慌てずに済みます。

ペット保険はたくさんの種類があり、特徴はさまざまです。まずは多くのペット保険会社の資料を取り寄せましょう。一括請求できるサイトもありますので活用するといいでしょう。

ペット保険を選ぶ際の注意点

ペット保険を決めるとき注意してほしいのが、「補償割合」と「補償限度額」、そして「生涯にかかる保険料」です。

補償割合とは、治療費の何%が補償されるかというもの。当然100%補償してもらえると助かるわけですが、そこで気になるのが補償限度額です。年間いくらまで補償しますというものと、通院一日当たり何円、年間何日までといったように日数や回数が決まっているタイプがあります。この限度額が低いと、いくら補償割合が高くてもすぐに上限に達する可能性があります。

また、月々支払うわけですから、保険料がいくらかは重要なポイントです。ペット保険では、子どものころは低料金でも、成長したとたん急激に値上がりすることが珍しくありません。ペットの種類や年齢によっては月に1万円を超えることもあり、家計に負担になる可能性があります。

最近はペットの寿命も長くなっていますので、加入時の保険料だけを意識するのではなく、将来の支払いがいくらになるかも確認しましょう。

ペット保険の見積もりは保険比較サイトの利用が便利です。保険会社によって保険料や補償内容が異なりますが、一覧で比較すると自分のペットに合う保険が選びやすくなります。