事故以外にも自動車保険は様々な時に役に立ちます

自動車保険は事故対応だけではありません

自動車保険は主に事故対応を行います。具体的に言えば相手への補償をしたり、自身の怪我の治療費を保険会社負担しますが、自動車保険はそれだけではなく、ロードサービスなども行っています。

ガス欠時にガソリンを配達してもらえます

自動車を運転していてガソリンが危なくなる事はありませんか。そのような時には自動車保険のガソリン配達サービスが役に立ちます。ほとんどの保険会社でセットされているサービスで、基本的には有料になりますが、10リットルのガソリンを配達してもらえます。保険会社によっては年に一回から二回無料で配達してもらえる場合もあり、非常にお得です。こちらを利用する際には自宅ではダメなどの回数以外の条件が指定されている場合もあるので、事前に保険会社に確認が必要です。

簡単な故障なら修理してもらえます

タイヤがパンクしたり、バッテリー交換などの簡単な修理もロードサービスで提供しています。パンク修理やバッテリー交換をお店でした場合、1万円程度の出費を覚悟しなければいけませんが、ロードサービスの場合保険会社が一部負担してくれる場合もあり、その際には半額の負担で済むのもロードサービスの大きなメリットですよ。

安全運転をサポートします

スマホの普及に伴い、保険会社では独自のアプリを開発している場合もあります。その中で安全運転をアシストするためのメニューを提供している場合があります。保険会社によっては危険箇所を知らせるメニューを組んでいる場合もあります。アプリは無料で利用できるので、毎月の負担は必要ないです。

自動車保険の比較はインターネットで一括で見積もりを請求し、見比べてみると簡単に実施することが可能です。