分からない人も多い?iDeCOと国民年金の違いを整理しよう!

iDeCOは加入が義務付けられてない

iDeCOというのは、個人型確定拠出年金のことです。年金なので、国民年金との違いが問題になってきますね。比較的新しい制度なので、まだ国民年金との違いを明確に説明できる人は少ないです。原則としては、国民年金は強制加入です。お金があるのに保険料を支払わなければ、最悪の場合は資産を差し押さえられてしまいます。お金がないなら、免除申請などをしなければいけないのです。一方のiDeCOは、これは強制加入ではありません。使いたくなければ使わなくてもいい年金なのです。老後の資産がしっかり貯められるか不安な人は使えばいいですし、老後資金はたっぷり用意できるという人は使わなくてもいいのです。加入しなくても罰則はありません。まずこの点が大きな違いとなります。

iDeCOなら運用方針を自分で選択可能

国民年金はいくらお金を出しても、そのお金の使い道を自分で決めることはできません。国民年金の保険料は、GPIFという組織が運用を行うからです。もちろん、専門家を交えて慎重に運用されていくのですが、自分の思い通りになるわけではありません。時には運用失敗ということにもなってしまう可能性があります。iDeCOは、掛け金の使い道を自分で選択していけます。投資信託が多いのですが、いくつか投資できる銘柄が用意されているので、どれがいいか自分で選んでいけるのです。リスクを取ってリターンを高めることもできますし、安定運用を狙うこともできます。定期預金も選べるので、がっちりと元本を保証してもらいつつ金利分の得を取ることもできます。

iDeCOは個人型確定拠出年金制度のことで、企業型確定拠出年金制度に加入していない会社員や自営業などほぼ全ての方が対象となっています。