ビットコインは儲かるの?いつ取引ができるの?

価格変動の幅が広く儲ける機会が大きい

投資をするとき、価値の増加を狙うときと価値の増減を狙うときがあります。株式投資なら、配当金は価値の増加のみを目的とします。収益性の高い会社なら利益を分配してくれる可能性があります。それ以外なら価値の増減を狙った投資ができます。下がったときに買って高くなったら売るのが基本です。信用取引なら先に売って後で買う取引もできます。儲ける時にはいかに価格変動幅が大きいかが重要になります。今人気の投資先としてビットコインがあります。仮想通貨で最も流通していて、世界でもかなり取引されています。日々、時々刻々と変動していて、為替相場よりも変動幅が大きいとされています。つまりは儲ける機会が大きく、利益を上げられる可能性が高まります。

24時間365日取引できる投資対象である

日本で株式投資をするとき、株式市場が開場しているときのみになります。平日の9時から3時ぐらいまでで、途中に休場時間もあります。それ以外の時間や土日などには取引はできません。株式投資よりも取引時間が長くなるのがFXです。平日ならほぼ24時間取引ができます。日本の祝日なども取引できますが、土日は休場となります。ビットコイン取引は、24時間、365日いつでも取引ができます。いつでも相場が動いているので、利益を得られる環境になっています。インターネットが動いているときには利用できるので、インターネットが止まらない限りには利用し続けられるかもしれません。ただし、取引できる業者によっては、利用時間が多少異なる可能性があります。

ビットコインは、通常の通貨と比べて値動きが非常に大きいという特徴があります。ビットコインでFXを行うことで、短期間で大きな利幅を得られる可能性があります。