バイク保険はすごく大切!必要性を認識して失敗しない選び方をしよう

任意保険に入る必要はある?

バイク保険には、自動車保険と同じように、自賠責保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険は、法律で決められた物なので、必ず入らなければいけません。任意保険は、強制ではないので、別に入らなくても良いのではと考えている人もいるでしょう。しかし、その考え方は非常に危険ですよ。なぜかというと、バイクは自動車よりも事故の発生率が多いだけでなく、事故になった際に重度の障害になりやすいからです。また、自賠責保険だけでは、補償金額や補償内容が十分じゃない事も多くあります。自賠責補選というのは、事故を起こしてしまった場合、被害者側の対人に対しての補償しかありません。被害者の所持品や対物補償に関しては、全て自分で支払う必要があるので、莫大な金額が掛かってしまう事も多いです。こういう時に備えて、任意保険にも入っておくのは重要というわけです。

補償内容の選び方は?

対人・対物補償ですが、無制限にしておくのが基本です。というのも、事故を起こしてしまった場合、人身事故になると数億円の賠償をされる可能性も十分あります。これを補うには、無制限にしておかないと足りません。元々対人・対物補償保険は補償額が大きくなるので、ここで保険料を抑えても年間で数千円しか変わらないでしょう。それなら、無制限にして安心を取るほうが無難ですよね。車両保険に関しては、自動車とは違いバイク保険の場合、必要性は低いです。バイク保険の場合、盗難が対象外となっている場合も多く、保険料が高額になりがちなため、無理に入る必要はないでしょう。保険料を抑えたいなら、まずは車両保険の見直しからです。

バイクでの事故は自身のケガの程度も大きくなります。バイク保険では他者への補償に加え、自身への補償もよく考えて選びましょう。バイク保険比較サイトなら複数の保険会社に一括で見積もりを取ることができます。