マネジメントゲームを社員研修に導入する意義

マネジメントゲームの教育効果に注目しよう

マネジメントゲームは、ビジネスマンが経営感覚を身に着けるうえで、とても有意義な取り組みとして今や多くの企業内の社員研修に導入が進んでいます。

特に、一般の社員から管理職へキャリアアップをしたい場合には、与えられた仕事をこなすだけでなく、部下の勤怠の管理やモチベーションのアップを考える必要があります。

そこで、研修の機会を利用してマネジメントゲームを通じて様々なノウハウを習得することが効果的です。

マネジメントゲームの取り入れ方は、企業ごとの経営方針や主な事業内容などによりますが、なるべく多くの従業員に対して目的意識を持たせることが肝心です。

その他、マネジメントゲームを効率よく進めるうえで、人事の担当者によるオリエンテーションを行うことも良いでしょう。

マネジメントゲームで期待できる効果とは

マネジメントゲームは、会社員にとって時間やコストの感覚を習得するうえで魅力的なツールとして位置づけられることがあります。

特に、中間管理職として必要となるスキルは様々なものがありますが、集合研修などにマネジメントゲームに挑戦することで、各自の問題意識をはっきりと理解することが可能です。

マネジメントゲームの効果を高めるにあたっては、研修に参加をしている社員とうまくコミュニケーションをとったり、様々な立場の社員のの意見を聞いたりすることがポイントです。

もしも、マネジメントゲームの取り組み方について迷っていることがあれば、日ごろからビジネス誌や情報サイトなどに目を通しておくことが肝心です。

マネジメントゲームとは、プレイヤー一人一人が社長として会社経営を行うゲームで、楽しみながら経営や会計の知識を身に着けられます。