エンゲージメントが大切!社員研修に欠かせない目的

社員研修の目的は何か

企業として社員研修を行うことは重要なこととして着目されていますが、その目的が明確になっていないことはよくあります。社員研修を実施するときには大局的に見た大目標と、今回の研修によって達成すべき小目標を同時に掲げることが重要です。大目標として企業が掲げておくとよいのがエンゲージメントを高めることです。社員が個々に考えている目的と企業としての目的を一致させることによって生まれるのがエンゲージメントであり、社員の考え方をうまく企業と同じ方向に向かせるための講演や学習を行うのが手段として基本的になります。あるいは成長を目指す社員に対して自由に自分で選んで外部の研修を受けられるようにすることでエンゲージメントを高めることが可能です。

小目標は問題解決が基本

大目標は長期的に社員を良い方向へ育て上げていくために必要なものであるのに対し、小目標については短期的に対処しなければならない問題の解決を掲げるのが基本です。マーケティングがうまくできていないというのであれば営業に関する知識の習得や意識の向上を図ることになります。業界の重鎮を呼んで講演をしてもらったり、ロールプレイングを行って具体的にどのようなマーケティングを個々の社員が行っていけば良いかを体得してもらったりするのが社員研修としては典型的です。大目標に比べると小目標の方が企業としてもしっかりと立てられていることが多いものの、漫然と行うようになってしまっていることも多いので気をつけなければなりません。

mg研修とはマネジメントゲーム研修の略称です。この研修では、ゲームを利用して企業経営を疑似体験することができます。