いま注目の資格!社会保険労務士の仕事に迫る!

社会保険労務士を取り巻く環境とその役割

現代の日本では、マスコミや報道に限らず、実社会においても労働者の雇用問題や職場環境の問題が取り上げられる機会が増えています。社会保険労務士は企業で働いている人々の雇用から退職までの全般に関わる専門家としてその役割は重要視されています。また、保険制度や年金制度においてもスペシャリストとして、毎年変わる法改正にもすぐに対応できるので、その需要は高まっています。

社会保険労務士の仕事の内容

仕事の内容は労務や人事の専門家として多岐にわたりますが、主に人事や労務関係のコンサルティングを行ったり、社会保険や労働保険などに関わる手続きの代行、年金相談に至るまで人や企業に関わる様々な業務があります。近年は、年金に対する世間の関心の高まりとともに、社会保険労務士による年金相談の窓口が全国で急増しています。人々に必要とされる専門的な仕事ですので、とてもやりがいのある仕事といえるでしょう。

社会保険労務士の資格取得と働き方

社会保険労務士の仕事は年々人気が高まっていますので、国家試験においても競争率が高く簡単に受かる資格ではありません。さらに、受験資格として必要な学歴がありますので事前に確認しておかなければなりません。そもそも受験資格がなければ受けられないことになっています。資格取得後の進路は、企業に勤めて人事や労務などの部署で働いたり、勤務社労士として働く人が多いですが、独立開業も可能です。ただし、顧客をつくることが必要で、実務も複雑ですので、いきなり独立するよりは、ほかの事務所や企業で実務の経験を積んでからのほうが安心でしょう。

社会保険労務士の就業規則は思っているほど厳しくはないので、比較的働きやすいです。従って社労士を目指す価値はあります。