借金を無効にできる時効援用って何!?楽にできる借金対策

長く借りていた借金に使える時効援用

借金をした時は返済が必要ですが、長く返していなかった時は便利な方法が使えますよ。借りたお金の返済には時効があって、ある期間返していなければ返済義務がなくなります。ただ特別な手続きをしなければならず、その手続きを時効援用といいます。

時効援用とは相手に借金を返す、必要がない事を伝えるものです。借金の時効は自動的には決まらないので、相手側に伝えなければいけません。相手側に伝える時はどんな方法でもよいのですが、トラブルになりやすいので工夫がいりますよ。例えば明確に伝えた証拠が残る方法ならば、後で揉めることがありません。

時効援用は便利な方法で借金を減らせる、効果的な手段です。手続きをする時は専門家に相談すると、確実に時効援用ができるので便利ですよ。

時効援用をする時の注意点

時効になった借金をなくせる、時効援用は便利な方法ですよね。ただやり方によっては失敗するので、注意も必要になります。

時効を相手に伝える時には、本当に時効なのか確認しなければいけません。借金の時効はかなり時間がいるので、いつ時効になるのかは分かりづらいです。そういう問題は弁護士に相談すると、時効の時期について計算してくれます。弁護士は守秘義務がありますから、相手の金融機関に連絡することはありません。そのため安心して仕事を頼めるので、確実に時効援用をしたい時に便利ですよ

弁護士は時効援用の手続きについて、依頼できる事もあります。時効援用の手続きは、第三者に頼めば正確な手続きができます。もし後でトラブルが起きても、弁護士が対応してくれるので安心ですよ。

時効援用をするためには意思表示が必要ですが、具体的な方法は法律で定められていません。そのため口頭だけで十分です。