知っておくと得をするかも!?相続税の対策

保険を活用して相続税対策

相続する財産が現金化しにくい不動産などである場合、手元に現金がないと相続税の納付が困難になります。そんな時は生命保険を活用して相続税を納付する方法があります。まず被保険者を被相続人予定者にして、相続人予定者を死亡保険金の受取人にします。そうすることによって被相続人が死亡したら相続人に死亡保険金が支払われることになるので、その死亡保険金で相続税を納付することが可能です。また死亡保険金は500万円に法定相続人の数を掛けた金額が非課税となるので、税対策にもなります。

相続人を増やして相続税対策

平成27年1月1日以降の相続税の基礎控除額は、3000万円+600万円×法定相続人の数となっています。したがって相続人の数が多ければ多いほど基礎控除額が上がり相続税の納付額を減らすことができます。相続人の数を増やすには養子縁組の制度を活用するのがいいでしょう。しかし養子縁組の制度を利用した場合、実子がいるのであれば1人分のみ、実子がいないのであれば2人分のみしかカウントされないので注意が必要です。

贈与を利用して相続税対策

生前に贈与を利用して相続税対策をするこもできます。贈与税は110万円が基礎控除になっているので、110万円までの贈与には税金がかかりません。したがって相続できる資産を110万円に分けて毎年贈与すれば節税につながります。しかし相続できる資産を分割して贈与すると定期贈与とみなされてしまい課税対象になってしまう恐れがあるので注意が必要です。定期贈与とみなされないように毎年贈与契約書を作成するなどの工夫をすることがポイントです。

相続税の税理士を埼玉県内で探すのにそれほど時間はかかりません。なぜなら大宮や浦和など栄えている街が多いからです。